トップ > 投資信託のタイプ > ニッセイTOPIXオープンについて

ニッセイTOPIXオープンについて


投資信託の基礎と実践を目的にサイトを構成しています。投資信託の話題に入りましょう。ニッセイTOPIXオープンについて説明します。
こういった「投資」の説明というのは、分かるようでいて分かりにくいものです。
「ニッセイTOPIXオープン」のHPを見ても、リスクの意味や基準の説明に終始しているだけであり、肝心の概要については、素人にはさっぱりです。
「投資」をいうものを分かっていることを前提しているのでしょうね。
そこで、ここでは基本的なことから話を始めます。
まず、言葉の意味から。

「ファンド」とは、国債・公債や資金。
ここでは投資信託をいいます。
「投資信託」のシステムは、概ね次のとおりです。
 1対証券会社が、一般の投資家から集めた資金を信託銀行に信託。
 2対証券会社は信託銀行に指示して、信託金を金融・証券市場で運用させる。
 3対運営で得た利子・配当金・値上がり益は、投資家に分配される。
「TOPIX」とは東京証券所の株価指数のこと。
昭和43年1月4日時点の東証一部の全銘柄の時価総額を100として、毎日の時価総額を数値化したものです。

さて、「ニッセイTOPIXオープン」も投資信託のひとつ。
「ニッセイアセットマネジメント」が運用しています。
名前に「TOPIX」とありますが、これは「TOPIXに連動している投資信託(ETFという)」ということです。
主な投資先は「ニッセイ国内株式インデックスマザーファンド」ですが、株価指数先物等にも投資しています。
投資信託は会社に投資を委託するシステムなので、毎月「信託報酬」という料金が発生します。
「ニッセイTOPIXオープン」も投資信託なので信託報酬がかかります。
報酬率は0.525%。
これが毎月かかってくるのです。
高いかというとそうではありません。
TOPIXに連動する投資信託の中では、最安値クラスなんです。

毎月の信託報酬が安い代わり、解約時には0.3%の信託財産留保額がかかります。
しょっちゅう売り買いしていると、手数料ばかりかさむので、比較的長期の信託を望む人に向いているでしょう。
こんな「ニッセイTOPIXオープン」ですが、どこで購入するのがいいのでしょうか。
購入時の手数料が無料(ノーロード)なところは、ジョインベスト証券と三菱UFJ証券です。
三菱UFJ証券はネット取引に対応してませんので、三菱UFJ証券が近くにないのなら、ジョインベスト証券で決まりですね。
購入価格は、そのタイミングによって違ので、リスクを少しでも減らすには「投信積立」がベターでしょう。
「投信積立」は、毎月、少しずつ投資信託を購入するので、時々の変動の影響を小さくできるのです。
「ニッセイTOPIXオープン」は、貯金ではなく投資です。
元本が保証されているわけではないので、購入に際しては十分に検討しください。



投資信託関連情報の投資顧問会社情報をまとめています。
なお、最新の情報を取得するよう注意はしておりますが、保証の限りではありません。
あくまで、参照程度にお願いいたします。
Oakキャピタル(株)/管理本部
〒107-0052
東京都港区赤坂8丁目10?24
投資顧問会社,投資業
03-5412-7474
35/40/2.279,139/43/48.601

Oakキャピタル(株)/投資事業部
〒107-0052
東京都港区赤坂8丁目10?24
投資顧問会社,投資業
03-5412-7700

(株)オービーアイ
〒135-0048
東京都江東区門前仲町1丁目9?5
投資顧問会社,投資業,ファイナンス
03-5646-9211

(株)大倉商事
〒101-0054
東京都千代田区神田錦町2丁目4
投資顧問会社,貸金業(事業者向),貸金業(消費者向),投資業,ファイナンス
0120-048501

(株)大倉商事
〒101-0054
東京都千代田区神田錦町2丁目4
投資顧問会社,貸金業(事業者向),貸金業(消費者向),投資業,ファイナンス
03-3292-8501

この記事のカテゴリーは「投資信託のタイプ」です。
関連記事

不動産投資ローンは投資を大きくする場合に

不動産投資ローンは、当然ローンですから返済金利が発生してきます。不動産投資で自己資金だけでは投資できない不動産に対しては、不動産投資ローンを組むしかないことになります。不動産投資は、魅力的な不動産が対象となります。不動産投資が魅力であるのは確かでしょう。

投資信託ピクテは歴史は浅いが運用は堅実です

ピクテ投資信託投資顧問株式会社は、1981年にピクテグループの投資信託顧問日本法人として設立され、1991年からは投資信託業務も開始しています。ピクテ投資信託顧問株式会社が運営する投資信託を選択するのも、選択肢の一つでしょう。

りそな銀行投資信託のマイアカウントというサービス

りそな銀行は、投資信託の不動産信託部門への参加が多いようです。りそな銀行は、投資信託を含めた不動産投資などの業務や運用助言などを行っています。りそな銀行の投資信託も堅実というところでは、投資の選択肢の一つとして選べるでしょう。

株式投資ソフトとは

株投資ソフトウエアや競馬投資ソフトウエア、不動産利回り計算不動産投資ソフトウエア等ですが、投資ソフトウエアの主体は株式投資ソフトとなっています。株式投資ソフトウエアでの株の自動売買では、株の売買までが自動となっていますので、入金を設定し設定で株の値上がり値下がりによっての自動売買の設定ができるようです。

ニッセイTOPIXオープンについて

ここでは投資信託をいいます。「投資信託」のシステムは、概ね次のとおりです。さて、「ニッセイTOPIXオープン」も投資信託のひとつ。「ニッセイTOPIXオープン」も投資信託なので信託報酬がかかります。

カテゴリー
最新記事